SSHからのお知らせ

SSH news


【快挙】本校卒業生・福満和さんが、
科学の世界大会で2位を獲得!!

 

先月の19日、世界最大の科学コンテスト「国際学生科学技術フェア」
(ISEF)が、米・ロサンゼルスで発表され、
本校の卒業生・福満和(のどか)さん(慶応大環境情報学部1年)が
動物科学部門で2等に入賞しました。

福満さんの研究は、着色料を含んだ人工餌料で蚕を育て、効率的に繭に赤や青の色を付けるというもの。着色料の一つである「ローダミンB」を利用し、自然界に存在しない青い繭、絹糸作り挑戦しました。
蚕に食べさせる人工餌料に、青の色素を配合するだけでは均一に繭を染めることができないことを突き止めた福満さんは、「ローダミンB」を餌料に配合することで、二つの色素を繭の中で反応させ、見事、青い繭を作りだすことに成功しました。

本校の「課題研究授業」において、年間を通して取り組んでいた
「繭に人工的に色を付ける研究(ローダミンBの赤い繭・青い繭)」が
日本国内に続き、世界でも評価される結果となりました。

私達は、アメリカから帰国し、現在は、慶應義塾大学に通う福満さんに、
電話インタビューを行いました。

—国際大会(動物科学部門)で2位という結果ですが、お気持ちは?
「世界の大会で賞をもらえるとは思ってもなかったので、
素直に嬉しいです」

—どういう経緯で世界大会に出ることになったんですか?
「益田高校の「課題研究」で行っていた研究が、
まず、学校の代表として、島根県の「科学作品展」に出展されました。

そこで、「島根県協議会会長賞」を頂き、今度は全国大会である「日本学生科学賞」に出させてもらうことになりました。
その最終審査で、「文部科学大臣賞」を頂き、同時に、世界大会出場校に選ばれたので、「ISEF(国際学生科学技術フェア)」に参加したという流れです」

—国際大会は、英語を使っての発表ですか?
「はい。全部、英語でした。
アメリカに行く前にちゃんと準備をして、一応、原稿なども用意していたんですが、通訳の人がいたので、質疑応答は、その人に頼っちゃいました」

—各国の代表者が集まってたわけですが、
賞を取れると思ってましたか?

「全然、思ってませんでした。
部門ごとに、4等,3等と呼ばれていって、3等の時に呼ばれなかったので、もうだめだろうなぁと思っていたんですが、2等で呼ばれてびっくりしました」

—この研究はいつから取り組んでいるのですか?
「蚕の研究自体は、小学校の自由研究からやってたので、十年近くになりますが、本格的に詳しく調べだしたのは、高校に入ってからです」

—その高校時代、「課題研究」に取り組んでいた中で、
何か大変だった思い出はありますか?

「(研究)相手が生物だったので、飼育が一番大変でした。
やっぱり蚕一匹じゃ研究にならないので、いっぱい飼っていたんですが、餌をあげたり糞を処理したりするのが大変でした。細かく世話しないと研究結果に影響が出るので・・・」


—そうでしたか。
 今は、高校を卒業されて、慶應義塾大学の環境情報学部に進学されていますが、どういう分野に興味がありますか?
「蚕をずっとやっていたというのもあって、生物分野に興味があります。
生物の中でも、今は、ゲノムみたいな細かいものに興味があって、今学期も、ゲノム系の授業を、いくつか取っています。
今受講している授業では、『ゲノム解析ワークショップ』という授業が面白くて、担当の先生のゲノムをみんなで調べて、ゲノム情報から先生の性質を調べていくっていうものです。先生はお酒に酔いやすいとか、その人の体質みたいなのがわかってきて、そういう研究は面白いなと思いますね」

—面白そうですね。
福満さんは、まだ大学一年生ですが、将来のことは何か考えてますか?
「ゆくゆくは、生物系の研究者になれればと、今は考えています」

—楽しみです。
先週、益田高校では、現三年生が課題研究の発表を行い、学校代表の研究も決まりました。これから二年生が「課題研究」を始める段階ですが、何かアドバイスはありますか?
「そうですね。なるべく先行研究をきちんと調べてから、スタートした方がいいと思います。やっぱり、(誰かがすでにやったのと)同じ研究をやっても意味がないと思うので、過去の研究を調べて、自分がやりたい道筋をたててから、始めたほうがいいんじゃないかと思います」

ありがとうございます。
二年生たちに伝えておきます。
これからも、ご活躍期待してます。
お時間、ありがとうございました。

<2017/6/13>

 

 

 

SSH


 

学生科学賞

 

      

【連絡先】  島根県立益田高等学校 SSH事業担当  福満 晋    TEL : 0856-23-2853                                                                                         FAX : 0856-22-1442                                                                                                                                            E-mail :  fukumitsu-susumu@edu.pref.shimane.jp

 

 

アドビリーダーのダウンロード

 

 

TO TOP