SSH

スーパーサイエンスハイスクール

SSHとは、

SSHとは、Super Science High School の略です。

  • SSHとは、『先進的な理数系教育による創造性豊かな人材育成』をめざしたものです。
  • 全国では,令和元年度指定校212校
  • 益田高校のSSH指定の歴史

       SSH指定 第1期 平成16年度~平成18年度(3年)
             第2期 平成19年度~平成23年度(5年)
             第3期 平成24年度~平成28年度(5年)
     コアSSH指定     平成24年度~平成26年度(3年)
     科学技術人材育成重点枠 平成28年度       (1年)
             第4期 平成29年度~令和03年度(5年)

益田高校SSH(第4期)のテーマ・目的

【テーマ】地域創生に資するイノベーションを支える科学技術系人材の育成

【目 的】① 科学リテラシーを身につけた、これからの科学の発展に貢献する人材を育てるための教育プ
       ログラムの開発。
     ② データに基づく論理的・批判的思考力を身につけた、これからの地域創生に資する人材を育
       てるための教育プログラムの開発。

益田高校SSHの3年間

1年生(全学科) ☆科学リテラシー基礎実習(発表での基礎的なスキルを身につける。)
         ☆地域巡検(地域の科学的素材に触れ、口頭発表の技術を身につける。)
         ☆関西実習(日本、世界の最先端科学に触れ、ポスター発表の技術を身につける)
         ☆科学倫理観・知的財産権に関する学習(課題研究や課題探究に向かうための基礎知識を身につ
          ける。)
         ☆論理的思考力育成基礎演習(探究的な学びに向かうための論理的思考力を演習により養う。)

2年生(普通科) ☆データサイエンス基礎演習(探究学習に必要なデータの活用についての考え方やスキルを身に
          つける。)
         ☆出前実験(市内小学生に理科の楽しさを伝えるとともに、地域貢献の意欲を高める。)
         ☆課題探究(地域が抱える問題に対しての科学的手法による探究学習を行い、提案型の発表を行う
          ことで、エビデンスに基づく科学的・論理的思考を身につけた地域貢献の意欲を高める。)

   (理数科) ☆課題研究(日常の疑問に基づく研究テーマを設定して、研究活動を行う。)
         ☆東京実習(東大を始めとする最先端の科学技術に触れ、課題研究の活動に生かす。)
         ☆KFによる英語学習(他校と連携して課題研究の英語による相互学習を通して英語発表のスキル
          を身につける。)

3年生(普通科) ☆課題探究[地域創生チャレンジ](地域を題材にした科学的手法による探究活動を行い、課題探
          究の総まとめを行う。)
   (理数科) ☆課題研究(2年次より継続した課題研究を行い、口頭発表、ポスターセッション、論文作成を行
          う。)

全学年      ★タイ王国海外研修[益田市グローカルリーダー養成事業]
         (タイ王国での海外研修=海外進出している地元企業のタイ工場や高校、国際理工系大学への訪問
          および相互発表により、英語力・コミュニケーション力を高める。)
         ★益田さいえんすたうん(小学生から大人まで約4000名の来場者を迎える科学の祭典の運営お
          よび発表により、地域貢献及び企画運営力を高める。)

TO TOP