部活動に係る活動方針

Subtitle

島根県立益田高等学校 部活動に係る活動方針

 

令和3年度 島根県立益田高等学校 部活動に係る活動方針

1.基本方針
(1)学業と部活動の両立を図り、学校生活の充実を図る。
(2)生徒の自主性、自発性に基づいた活動を通して、生涯にわたり豊かなライフステージを実現するための能力                を育成する。
(3)技術、競技力の向上はもとより、仲間と協力し、楽しむことも味わわせる。

2.本年度の部活動
(1)設置部活動
【文化系】
自然科学部、美術部、写真部、書道部、放送部、囲碁部、将棋部、
かるた部、合唱部、吹奏楽部、ESS部、華道部、茶道部
【体育系】
野球部、陸上競技部、剣道部、柔道部、弓道部、卓球部、
バスケットボール部(男女)、バレーボール部(男女)、サッカー部、
テニス部(男女)、ソフトテニス部

(2)活動時間・休養日等
①活動時間 学期中 平日:2時間30分程度
週休日等:4時間程度
長期休業中:4時間程度
②休養日  週当たり1日以上とする。
③その他  長期休業中はある程度長期の休養期間(オフシーズン)を設ける。
      定期試験の1週間前から原則として休養日とする。
                特別な事情の場合については時間延長を認める。

※大会前の練習、合宿や遠征、練習試合等を実施する場合はこの限りではない。ただし、生徒および保護者の了承を得て活動するとともに、生徒の健康面、安全面に十分配慮し、活動日の直後に、休養日の追加設定や活動時間の短縮を行う等適切に対応する。

(3)大会参加について
①高体連・高文連主催、共催、後援の大会
②その他の大会については校長が許可したもの

3.部活動運営について
(1)部活動顧問は、年間の活動計画(活動日、休養日、及び参加予定大会、遠征及び合宿の予定日程等)及び毎              月の活動実績を作成し、校長に提出する。
(2)「学校の部活動に係わる活動方針」及び「年間の活動計画」等を学校のホームページへの掲載等により公表              する。
(3)体罰等の根絶
部活動指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰を正当化することは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等のない指導に徹する。
(4)安全管理と事故防止
①生徒の健康管理の把握を行う。
②事故の未然防止のため、施設・設備の点検を行う。
③危機管理体制の徹底を行う。
(5)保護者の理解と協力
保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことができない大切なことであるため、活動計画等を明確にし、保護者に理解を得る。

4.その他
(1)終了時間と下校時間
①18時30分活動終了、18時50分完全下校とする。
②活動時間の延長は保護者に承諾を得ること。
(2)定期試験発表後の部活動
①定期試験の1週間前から原則として休養日とする。
②活動する必要がある場合は以下のとおりとする。
(ア)「試験終了後、翌週末までに大会がある場合」又は「試験発表後から試験前日までに大会がある場合」
(イ)「試験当日に大会がある場合」又は「その他特別な場合」
 ○活動は1時間以内とする。
 ○活動は試験発表の日から試験前日までの登校日とする。

 

TO TOP