教育目的・方針

Educational policy

学校紹介

学校長あいさつ概要沿革教育目標・方針校歌交通アクセス

教育目標・方針

教育目標

教育目標

教育方針

1)生徒の進路目標を早期に確立させ、その実現を支援する。 (進路保障)
2)基礎基本に基づいた確かな学力を育成する。 (学力保障)
3)豊かな人間性を養い、これからの社会をたくましく生き抜く力を育成する。 (資質保障)

重点目標

1.進路保障について
  • よりよい社会を創るという目標を共有し、自己の将来の在り方・生き方を考える機会を通じて早期に進路目標を設定させ、進路実現に向かう意欲と態度を育てる。
  • 進路決定に必要な情報の提供や面談等により、生徒の進路実現に向けた意欲を喚起し、日々努力する習慣を身に付けさせ、目標実現に向けて必要な学力を獲得させる。
2.学力保障について
  • 習得・活用・探求を意識した授業改善に取り組み、生きて働く知識・技能と思考力・判断力・表現力及び学びに向かう力などの学力(学ぶ力・学んだ力)を伸ばす。
  • 「わかる・力がつく」授業を行い、自主的な学習を促すとともに主体的に学習に取り組む態度を育成して、やりきる力と個に応じた能力が身につくようにする。
  • スーパーサイエンスハイスクール事業(以下「SSH」)への取組を通して掘り起こした興味・関心・疑問を研究課題に深化させ、科学リテラシーと創造性の素地を育てる。
3.資質保障について
  • 生活時間の3点固定、あいさつ、言葉遣いや身だしなみなど基本的生活習慣の確立を図るとともに教育相談を充実して、生徒が心身ともに健康な生活を送れるようにする。
  • 部活動、生徒会活動、学校行事等への積極的な参加を促し、生徒に主体性・協働性・責任感を身につけさせ、社会に貢献する意欲・態度と他者と共に生きる姿勢を育む。
  • 読書や芸術に触れる機会を積極的に持たせることで、自分自身や社会を見つめる広い視野、豊かな感性と表現力を育てる。

育成カリキュラム

育成カリキュラム

 

TO TOP